アニメのチカラッ!! - livedoor Blog(ブログ)

アニメのチカラッ!ヘッドライン

動画ダウンロードソフトMPX

1:2014/03/01(土) 22:24:13.25 ID:


3月1日、日本SF作家クラブは、第34回日本SF大賞に、酉島伝法さんの『皆勤の徒』
(東京創元社)を決定した。日本SF大賞は日本SF作家クラブが主催、対象年度内に
発表されたSF作品からもっともすぐれた業績を残した作品を顕彰する。
1980年に創設され、SFのジャンルを限定せず、小説、評論、マンガ、イラスト、
映像、音楽など幅広くカバーするのが特徴だ。
昨年は『機龍警察 自爆条項』(月村了衛著)と『盤上の夜』(宮内悠介著)が受賞、
これまでに『イノセンス』や『バルバラ異界』など、アニメやマンガも選ばれたことがある。

今回受賞した酉島伝法さんは、1970年大阪府生まれ。デザイナーやイラストレーター
としても活躍する。『皆勤の徒』は2011年に第2回創元SF短編賞も受賞した
「皆勤の徒」を表題作として、2013年8月に「洞(うつお)の街」、
「泥海(なずみ)の浮き城」、「百々似(ももんじ)隊商」も収録する一冊にまとめられた。
『SFが読みたい! 2014年版』でベストSF2013国内篇の1位にも選ばれた話題作である。
異様な有機生命体を素材に商品を手作りする会社員の語り手が、百メートルの
巨大な鉄柱が支える甲板の上に建つ会社を舞台に平穏ではない日常を綴る。
4編の連作による遠未来SFだ。

第34回のSF大賞には、『皆勤の徒』のほか『NOVA』全十巻(大森望責任編集)、
『know』(野崎まど)、『BEATLESS』(長谷敏司)、『Gene Mapper -full build-』(藤井太洋)、
『ヨハネスブルグの天使たち』(宮内悠介)の5作品が候補に挙がっていた。

このうち『NOVA』全十巻と『ヨハネスブルグの天使たち』は特別賞を受賞した。
特別賞は第29回以降は、大賞と別に毎年受賞者・作品が選ばれている。

日本SF大賞
『皆勤の徒』 酉島伝法(東京創元社)

特別賞
『NOVA』全十巻  大森望責任編集 (河出書房新社)
『ヨハネスブルグの天使たち』宮内悠介 (早川書房)

http://animeanime.jp/article/2014/03/01/17656.html

日本SF作家クラブ|日本SF大賞
http://www.sfwj.or.jp/list.html

続きを読む



geito at 09:10コメント(0) この記事をクリップ!

1:2014/03/01(土) 21:37:14.12 ID:


 別冊少年マガジン(講談社)で連載されアニメ化もされた大ヒット漫画「進撃の巨人」に
登場する巨人を、プロジェクションマッピングによって、実物大で街中に出現させる
イルミネーションイベントが、神奈川県川崎市で4月10日から3日間限定で開催される
ことが明らかになった。

 この試みは、同作のコミックス累計3,000万部突破を記念して行われるもの。
同市のミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザにて、60メートル級の「超大型巨人」を投影。
原作さながら、人間の暮らす街に巨人が登場し、エレンやミカサといった
劇中キャラクターたちが、「立体機動」を駆使して空を舞う姿が映し出される。

 作品との相性ピッタリの試みに、原作者の諫山創は

「実物大の巨人をこの目で見られるなんて楽しみです。良い影響を受けて、
自分の漫画に生かしたいと思える企画です!」

とコメント。2015年には樋口真嗣監督のメガホンによって実写映画化企画も進行
している中、いち早く「実物」の迫力を味わうまたとない機会になりそうだ。

 「進撃の巨人」は突如出現した謎の巨人によって滅亡の危機に直面し、巨大な壁の
内側で生きる人類の戦いを描いたファンタジー。巨人の不気味なビジュアルや彼らに
捕食される人間たちの恐怖、さらに巨人の誕生や巨大な壁の謎をめぐる物語が、
痛快なアクションと重厚な人間ドラマを交えて描かれる。

 auではこのイベントのための特別観覧チケットを「auスマートパス」向けに用意。
チケットがなくても観覧は可能だが、手に入れれば、この一大イベントを絶好の
ポイントから楽しむことができる。今月1日から10日に1次募集、17日から31日に
2次募集を実施する。

「進撃の巨人」プロジェクションマッピングは4月10日から13日まで
ミューザ川崎・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場にて開催

http://www.cinematoday.jp/page/N0061029

au 進撃の巨人
http://www.shingeki-sp.net/

続きを読む



geito at 09:09コメント(0) この記事をクリップ!

1:2014/02/28(金) 10:23:45.20 ID:
日本テレビ放送網(日テレ)は2月28日、定額制動画配信サービス「Hulu」の日本市場向け事業を
取得すると発表した。日テレは「Hulu」ブランドや技術のライセンスを米Huluから受け、
日本でHulu事業を継続する。日テレの人気番組などをHulu向けに限定配信するなどして
ユーザー拡大を図る。

ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/28/news063.html
日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/info/pressrelease/757.html

続きを読む



geito at 09:09コメント(0) この記事をクリップ!